中医経絡超電療法との出会い

私達が中医経絡超電療法と出会ったのは、エネルギー医学研究所の研修会の時でした。

ヒプノセラピーのセラピストである井原先生が不思議な機器で研修会の際に

健康の会メンバーの医師やセラピストの方々の自律神経を経絡を利用しチェックされていました。

ツボ療法を勉強している私達にとってとても興味深く今後の施術に

大きく役立てることができるのではないかと確信しました。

まずどのような効果があり自分が受けて見ないとわからないと思い

井原先生のケイラク教室の受講とセッションを体験するこことなりました。

自律神経のチェックを受け自分でも以前から一番弱いと意識していたのが

腎経、まさにその数値がグラフとなりあらわれました。

ヒプノセラピーと併用し経絡超電療法を受け副交感神経にスイッチがオンになったのか

あっという間に潜在意識の中へと誘導されました。

ヒプノセラピーとの相乗効果もあったのだと思われますが、

驚くほどの尿が出て顔や足のムクミがとれ心身ともに

スッキリしたことがとても印象に残っております。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る