こんなにも違う 足のむくみ!

このところ整体院も忙しくなり

ちょっと体調を壊しておりました。

わたくし、背面に鈍痛と足にむくみが出ていたので

疲れて腎臓に来ているのかなと

そう思いこんでおりました。

ケイラク教室の澤先生に経絡からみる自律神経のチェックをして

頂いたところ、「肝臓と胃の調子が乱れている」とご指摘がありました。

それに膵臓にも負担がかかっているかなと

「おかしいな胃の調子が悪いと感じる自覚はないの?」と

聞かれまだそれほど感じてはいませんでした。

しかしその時は、胃というより下痢をしてお腹の調子が悪かったのです。

下痢が治まってから次第に胃の痛みに来ました。

「自律神経をツボで正せば、自然治癒力は高まり病気は勝手に治る」
こう話す澤先生です。ケイラク博士と言っても過言ではないでしょう

運動したり頭を使ったりして「興奮」するときに活発に働くのが、

アクセル役の交感神経。一方、くつろいだり夜眠ったりして心身が

「リラックス」するときに優位に働くのが、ブレーキ役の副交感神経です。

全身に張り巡らされた自律神経は、私たちの意思とは関係なく、

まさに自律的に働く神経

「交感神経と副交感神経は1.5対1くらいがベストバランスですが、

ストレスの多い現代社会では、このような人はせいぜい10人にひとり程度。

5対1とか6対1とか、とにかく交感神経の高ぶった人が多いのが現状です。

こんな状態が続くと体調をくずしやすくなります。

私の自律神経はどうやらバランスを崩していたようです

澤先生が、私の不調を取り除くツボに

撰用つぼ刺激器「かいゆ」を使用し経絡のアドバイスを下さいました。

見て下さいこの画像驚くほど足に体調の悪さが出ていますね

帰宅してから次の日も撰用つぼ刺激器「かいゆ」で

自宅でケアしましたところ足の状態がスッキリ改善致しました。

使用前   使用後 両方恥ずかしいのですが私の足です。

IMG_むくみ前IMGムクミ後

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る