前かがみが痛い腰痛

前かがみになると痛い腰痛「前屈障害型腰痛」

なぜ前かがみになると痛いか

原因その1.筋肉疲労
     前かがみや中腰の姿勢をとった時には、体が前に倒れないよう、
     体を背中側にひっぱる力が働いてバランスをとります。
     この時に使われる筋肉が腰の後ろ側の筋肉「背筋」です。
     前かがみや中腰などの姿勢を続けていると背筋が傷んでしまい
     背筋を酷使する動作をした時に筋肉疲労による腰痛(筋・筋膜性腰痛)
     起こるようになります。
      安静にしたり、腰を反らせる時には、
     背筋は、あまり使われないため痛みが和らぎます。

原因その2.椎間板の異常
     前かがみや中腰の姿勢は、筋肉を含め、
     腰の骨や軟骨(椎間板)、靭帯など、腰椎の組織全体に大きな負荷をかけます。
     筋肉が疲労して腰椎を支える力が低下すれば、
     更に骨や軟骨にかかる負担が大きくなります。
      椎間板は骨の間に挟まるクッションのようなものです。
     強い負荷がかかり続けると、椎間板が押しつぶされて傷んだり(椎間板症)、
     更に前屈した時に椎間板の前方に強い圧力がかかることで、
     椎間板の中のゼリー状の物質「髄核」が、椎間板を突き破って
     背中側にはみ出し、神経を圧迫して痛みをもたらします(椎間板ヘルニア)。
      安静にしたり腰を反らせた時には、椎間板全体や前方への圧力が減ります。
     同時に飛び出したヘルニアもやや戻り、
     神経の圧迫が弱まるため痛みが和らぐことが多いのです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る