肩こりと歯痛

肩こりが原因で歯が痛くなる?

肩こりの原因のひとつに、姿勢の悪さがあります。悪い姿勢が続くと、

頭が体の軸からずれてしまいます。

その状態で、成人だと約5Kの重さの頭が倒れないように、

肩と背中の筋肉で支えているため、これらの筋肉に負担がかかり肩こりが起こります。

それから歯の噛み合わせが悪いと、歯が浮いていると感じたり、歯が痛くなったりします。

歯痛から肩こりが起こる場合は、虫歯や顎関節症など、

歯やあごの痛みが原因であることがあります。

顎関節症の色々な原因として

「くいしばり」「歯ぎしり」「歯をカチカチならす」など

筋肉を緊張させて顎関節に過度の負担をかけダメージを与える。

最も大きな原因と言われています。集中しているときや就寝中にも起こる。

それから歯が痛いときに食事をすると、左右どちらかに偏った咀嚼になりがちなため、

いっそうあごや首、肩などに負担がかかり、肩こりが起こると考えられます。

 

☆ストレス

☆偏咀嚼( 左右どちらか一方でばかり噛む癖)

☆顎や筋肉に負担をかける癖や習慣

☆悪い噛み合わせ

d5e3fa06d447e7bf8423ca35cb814cca_s

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る