隠れ肩こりで顔が痛い

隠れ肩こりで顔が痛む「えー」

 「顔が痛い!顔面神経痛かも!」と顔の痛みで心配になった経験はありませんか?

病院に行っても特に問題がみつからない…。

耳が痛いのに異常なし

歯が痛いのに異常なし

そんな時、ご自身の「肩こり」を疑ってみましょう。

肩こりに関連する筋肉は複数ありますが、中にはコリを感じにくい首の筋肉があります。。

そんな状態になってくると、筋肉の中に顔面に痛みを放散させるスイッチが

オンになっているかも知れません

たとえば、肩や背中、腰などの凝りははっきり自覚出来る方が多いですが、

それが顔となると、凝っているということを自覚することは滅多にないでしょう。

そもそも、顔の凝りっていったいなんなのでしょうか?

実は、顔の凝りも肩や背中、腰などと同様、

一定の姿勢を長時間続ける(パソコン操作や車の運転など)、

長時間目を酷使する(細かい手作業、パソコン操作など)といった環境のもと、

血行不良が原因となっていることが多く、

「急に顔が大きくなったような気がする」、「むくんでいるように見える」という

自覚症状が現れたときには、すでに相当凝っていることが考えられます。

 

また、人によっては顔面神経痛(顔の筋肉の一部がピクピクとけいれんするような状態)

の症状や就寝時の歯ぎしりが起こることもあるのだそうです。

肩こりを感じなくても、

左右を向きにくい、

上を向いてうがいがしづらい、

顔がぴくぴくする

隠れ肩こりかもしれません。

精神的な緊張の強い人やデスクワークの多い人、忙しすぎる人、

最近、枕が合っていないと感じ始めている人は要注意!

首の筋肉が伸ばされているのを感じるほどに、首をゆっくり、

肩の上で転がすイメージで回してみましょう

そして頭皮をシャンプーするようにさすったり

お顔のツボも押しましょう

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る