朝起きると首が回らない 背中が痛い

「寝違え」は医学用語ではなく、首の周囲の靭帯や筋肉などの

急性炎症の一般的な総称です。

寝違えが起きる主な原因は、睡眠時の姿勢にあります。

 

枕が合わないとかベットが狭かったり

マットレスが柔らかかったり

寝具を使わず床で寝てしまったり

不自然な状態が続き寝返りをほとんど打てなかったりすると、

長い時間、首まわりに負担がかかり続けて、

靭帯や筋肉を傷めてしまうのです

痛みが落ち着くのを待って、何も対処せずにそのままに

しているという人もいると思います。

寝違えのたびに放置していると、寝違えがクセになってしまうことがあります。

寝違えちゃった、首・背中の治し方

 首は、直接ほぐさず 腋窩(わきの下のくぼんだ位置)を圧迫して

ほぐすと楽になります。

両手を万歳して手を当てるとコリが感じられたり腕の上がりが

悪い方を特に圧迫することがオススメです。

寝違えのほとんどは、炎症なので冷やしたり

消炎効果がある湿布を貼ると改善が早いかも知れません。

寝違えた当日は温めるのは良くないので、入浴も避けるようにしましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る