背面痛について

背中の痛みの原因は、筋肉疲労から内臓の病気までいろいろなものがあります。

まず背中の痛みの原因としてあげられるのは、背中の筋肉が緊張や、

負荷がかかりすぎて疲労する背中のこりや筋肉痛です。

背中の痛みの原因はいろいろありますが、内臓疲労が原因の場合もあります。

内臓が疲労するなんてピンとこない人もいるかもしれませんが、

特に内臓の病気はないのだけど、背中が痛くてマッサージなどを受けても

痛みが改善しない時は、内臓疲労が原因も考えられます。

内臓疲労は、暴飲暴食、お酒の飲み過ぎ、ストレスが溜まっている人に起こりやすく

内臓が常に活発に動いている為、内臓が休む暇がない状態になるので、

慢性化すれば生活習慣病などになってしまいます。

背中の痛みが内臓疲労のサインとなるので、自分の日常生活を振り返ってみましょう。

背中の肩甲骨が痛い時は、胃や肝臓が疲れている可能性があります。

胃の後ろのあたりの背中が痛ければ、胃が疲れているかもしれないし、

あばら骨の裏の背中が痛ければ腸が疲れているかもしれません。

ただし、内臓疲労による背中の痛みは大した痛みは伴わないので、

激しい痛みの場合は、重大な病気の可能性もあります。

自己判断は危険ですので、病院で診察を受けましょう。

背中のこり解消に効果のあるツボは?

肩甲骨の内側にある膏肓(こうこう)

ちょうど、背中のこりを訴える方は、だいたいここに痛みや

コリ感、重だるさを感じる場所です。

肩甲骨の上の角(上角)と

肩甲骨の下の角(下角)を結ぶちょうど中間にあり、

さらに、肩甲骨の内側の際にとります。

慢性の肩こり 背中のこり・痛み 呼吸器系疾患 感冒などに効果が期待できます。

6bd4e735ed812dd7e622f394b2bb2356_s

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る